川本三郎 文学講演会のお知らせ

かごしま近代文学館では、10月4日から11月4日まで、
「生誕110年 林芙美子展 -風も吹くなり 雲も光るなり-」を開催いたします。
そのプレイベントとして、評論家の川本三郎さんの文学講演会を実施いたします。
皆さまのご応募お待ちしております。

****************************

講 師   川本三郎氏(評論家)
演 題   昭和史の中の林芙美子
日 時   平成25年9月22日(日) 14:00~15:30
場 所   かごしま近代文学館2階 文学ホール
定 員   200人(超えたら抽選)
申込み   往復はがきに住所、氏名、年令、電話番号を書いて
       〒892-0853鹿児島市城山町5-1
       かごしま近代文学館「文学講演会」係まで
〆切り   9月6日(金)必着


*川本三郎さんの略歴*
1944(昭和19)年、東京生れ。東京大学法学部卒。文学、映画、旅を中心とした評論やエッセイ、翻訳など幅広い執筆活動で知られる。『大正幻影』でサントリー学芸賞、『荷風と東京』で読売文学賞、『林芙美子の昭和』で桑原武夫学芸賞と毎日出版文化賞、『小説を、映画を、鉄道が走る』で交通図書賞、『白秋望景』で伊藤整文学賞を受賞。著書に『マイ・バック・ぺージ』『映画を見ればわかること』『君のいない食卓』『いまむかし東京町歩き』など多数。訳書にカポーティ『夜の樹』など。
[PR]
by kinmeru | 2013-08-19 10:14 | イベントのお知らせ