かごしまメルヘン館特別企画展「佐々木マキ見本帖」のお知らせ

 9/26(金)より、かごしまメルヘン館特別企画展「佐々木マキ見本帖」を開催します!

 学生時代からマンガ家として注目され、雑誌「ガロ」や「朝日ジャーナル」などで独創的なマンガ作品を発表していた佐々木マキは、1973年に絵本『やっぱりおおかみ』で絵本作家として衝撃的なデビューを遂げました。その後『ぼくがとぶ』、『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』、『ねむいねむいねずみ』など数多くの絵本を発表し絵本作家として活躍する一方で、村上春樹らの小説の挿絵を描くなど、幅広い年代に親しまれてきました。2011年には初期のマンガを収録した作品集『うみべのまち 佐々木マキのマンガ1967-81』が刊行され、前衛的・実験的と評された当時のマンガ作品に再び注目が集まっています。

 本展は「佐々木マキ見本帖」と題して、約45年間の多岐にわたる創作活動を振り返る初めての展覧会で、マンガや絵本の原画のほか、挿絵や装丁画、版画、写真、陶製のフィギュアなど貴重な作品約180点を展示します。
 
 かつて「ガロ」を愛読していた世代から現在絵本に親しんでいる小さな子どもたちまで、佐々木マキのシュールでクールな不思議世界を多くの方々にお楽しみいただける絶好の機会となることでしょう。

会 期  平成26年9月26日(金)~11月10日(月)
観覧料  一般600円(500円)、小・中学生300円(200円)、
      幼児無料
      ※常設展示も観覧可  ※( )内は、20名以上の団体
主 催  鹿児島市、鹿児島市教育委員会、
      公益財団法人かごしま教育文化振興財団 かごしまメルヘン館
協 力  こどもの本WAVE、亜紀書房、絵本館、太田出版、金正陶器、教育画劇、
      金の星社、講談社、小学館、株式会社PHP研究所、福音館書店、
      フレーベル館、理論社
企画協力 メディアリンクス・ジャパン
後  援 鹿児島県教育委員会、鹿児島県連合校長協会、鹿児島市私立幼稚園協会、
      鹿児島市保育園協会、南日本新聞社、NHK鹿児島放送局、MBC南日本放送、
      KTS鹿児島テレビ、KKB鹿児島放送、KYT鹿児島読売テレビ

関連イベントも多数開催予定です。
ぜひお楽しみに!

a0097338_1339566.jpg
a0097338_13411425.jpg
[PR]
by kinmeru | 2014-08-14 13:42 | 展覧会のお知らせ