講演会「文学者の見た西郷隆盛」の開催について

かごしま近代文学館 平成28年度 海音寺潮五郎顕彰事業
講演会「文学者の見た西郷隆盛」

鹿児島ゆかりの歴史小説家・海音寺潮五郎は、史伝「西郷隆盛」の執筆をライフワークとしていました。2018年の大河ドラマが林真理子原作の「西郷どん!」に決定するなど、物語の題材として取り上げられることの多い西郷隆盛。
様々な作家が文学作品の中に描いた西郷像に迫ります。


講 師   石田忠彦(鹿児島大学名誉教授、かごしま近代文学館アドバイザー)
日 時   平成29年3月18日(土) 14時30分~16時
会 場   かごしま近代文学館 文学ホール
主 催   (公財)かごしま教育文化振興財団 かごしま近代文学館
対 象   一般
入 場   無料
定 員   先着200人(要申込)
申込み   2月13日(月)より電話(099-226-7771)にて受付
      ※定員に達し次第受付終了


皆さまのご参加、お待ちしているでごわす!
[PR]
by kinmeru | 2017-02-15 15:21 | イベントのお知らせ