特別企画展「宮尾登美子展~「天璋院篤姫」を描いた作家~」

鹿児島はまだまだ残暑が厳しいですが、暦の上ではもう秋。
秋といえば、「読書の秋」ですね。

かごしま近代文学館では毎年この季節、特別企画展を開催しています。

今年は、次回のNHK大河ドラマ「篤姫」の原作者である宮尾登美子さん
の展覧会を開催!
鹿児島では話題沸騰の篤姫ですが、はじめてその篤姫に光をあてたの
が宮尾登美子さんの小説「天璋院篤姫」です。
これがなければ、大河ドラマに篤姫が抜擢されることもなかったかも
しれません。

もちろん、その「天璋院篤姫」の直筆原稿も展示いたしますよ。

どうぞ、「天璋院篤姫」とともに、「櫂」「鬼龍院花子の生涯」「蔵」など
一貫して日本女性の陰と陽を描き続けている宮尾作品の世界をお楽しみ
ください。
また、豆本や香合、ビーズ名のバッグなど、素敵な愛用品とともに、
宮尾さんのライフスタイルもご紹介いたします。

皆様のご来場お待ち申し上げております。



特別企画展「宮尾登美子展~「天璋院篤姫」を描いた作家~」

会期  平成19年10月5日(金)~11月5日(月)
     9:30~18:00(入館は17:30まで)
会場  かごしま近代文学館 2階文学ホール
料金  大人600円、少・中学生300円

【主な展示資料】
原稿     …「天璋院篤姫」「仁淀川」「鬼龍院花子の生涯」「序の舞」 他
取材ノート  …「櫂」「鬼龍院花子の生涯」他
書簡     …緒形拳、林真理子、宇野千代からの手紙 他
愛用品   …袱紗、刺繍バッグ、羽子板、ほおずき形香合 他
図書     …私家版『櫂』、豆本 他

[PR]
by kinmeru | 2007-10-02 13:25 | 展覧会のお知らせ