<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0097338_1440193.jpg♪かえるのうたがきこえてくるよ♪

左右にひくとお口をぱくぱく。
三匹のかえるが合唱をはじめます。
5月のメルヘンワークショップの作品です。

さて、次回のワークショップは
「星の王子さまを折ろう」
日時:6月23日(土) 15:00~16:30
講師:折遊かごしま
対象:4歳以上の子どもとその保護者
    (大人のみでも可)
定員:50名
申込:往復はがきに、住所・氏名・年齢・電話番号を書いて
    「6月のメルヘンワークショップ」係まで
    ☆6/15必着
[PR]
by kinmeru | 2012-05-27 14:45 | イベントのお知らせ

与謝野晶子 没後70年

5月、6月は修学旅行・遠足シーズンということもあり、
館内は子どもたちでにぎわっています。

さて、5月29日は与謝野晶子の命日です。
今年で没後70年を迎えます。
そこで、当館では、文学館入口の「鹿児島ゆかりの作家たち」のコーナーにおいて、
ささやかではございますが、与謝野晶子のミニ展示をおこなっております。

与謝野晶子は夫・鉄幹と鹿児島を訪れたことがあり、この時に詠まれた二人の歌は
本にまとめられています。
その歌集、『霧嶋の歌』の序文によれば、
鉄幹は幼少の頃二年ほど鹿児島に住んでいたことがあり、常々訪れたいと思ってい
たようです。
晶子は晶子で、友人の萬造寺齊(現いちき串木野市出身、当館常設展示作家の一人
です)らの鹿児島の歌を読んで、ずっと行ってみたいと思っていたんだとか。

そんな『霧嶋の歌』や『みだれ髪』の初版本を、7月はじめまで展示しております。

説明するまでもなく有名な与謝野晶子ですが、
この機会に作品を読み直してみませんか?

a0097338_1252630.jpg

[PR]
by kinmeru | 2012-05-27 13:23 | 館の様子