<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鹿児島にもいよいよ冬の足音が近づいてきました。

さて、近代文学館では月1回「文学トーク」を開催しており、
毎月様々な分野の方に自らの本との出会いや影響を受けた本など
についてお話ししていただいています。

11月は俳句雑誌「河鹿」主宰の淵脇護先生によります
「私の人生を決めた二冊の本」でした。

2冊の本とは
「綴方教室」と「山びこ学校」。
どちらも昭和20年代に出版され、子どもたちの詩や作文をまとめたものです。

当時の日常が素直に綴られており、
夕食にするべく飼っていた鶏をしめる描写などは
あまりの写実性にショックをうける場面も…

時にユーモアも交えながらの先生のお話に
参加されたみなさんも引き込まれていらっしゃいました。

a0097338_16463615.jpg


次回は12月8日(土)11:00から、
吉田美佐子さん(小さな絵本美術館アルモニ)によります
「絵本の魅力」です。
申込み不要、無料ですので、
どうぞお気軽にご参加ください。
[PR]
by kinmeru | 2012-11-28 16:48 | 館の様子


かごしま近代文学館で開催されている特別企画展「黒田三郎展~たかが詩人だった~」の関連イベントとして、10月28日に「詩のワークショップ」を開催しました。

小学生が作った詩の作品を、現在、常設展示室1階「ことばアトリエ」にて展示中。

ユニークで、創造的な作品たちをぜひご覧ください。


a0097338_13333131.jpg
[PR]
by kinmeru | 2012-11-07 13:33 | イベントの様子



a0097338_12323869.jpg





企画展「向田邦子の随筆~『無名仮名人名簿』&『霊長類ヒト科動物図鑑』~」が、11月7日より始まりました。

今回は、雑誌「週刊文春」に連載されていたエッセイ集『無名仮名人名簿』と『霊長類ヒト科動物図鑑』にスポットを当てて紹介します。

身近な瑣事に目を向けて、「人間」のありのままの姿を見詰め、愛し、エッセイの中に描いた向田邦子。

日々を楽しむ手引きとなる向田エッセイの魅力を感じていただけたら幸いです。


企画展「向田邦子の随筆~『無名仮名人名簿』&『霊長類ヒト科動物図鑑』~」は、平成25年2月25日(月)まで開催中です。
[PR]
by kinmeru | 2012-11-07 12:46 | 展覧会のお知らせ